スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012冬コミ同人誌感想 その3

前回に引き続き冬コミ同人誌紹介、第3回目です。

「じむしょばなし」 ヤシロクさん

IMG_0432.jpg

今回も当ブログでお馴染みの作者様、ヤシロクさんの新刊です。
つい最近同人誌デビューされたと思ったらもう7冊目ですよ。
時が経つのが早いのかヤシロクさんの発刊ペースが早いのか、どっちともでしょう。

さて今やアイマス4コマ界の第一人者として君臨していらっしゃるヤシロクさん(個人の感想)ですが、
その地位に甘んじることなく、日々ネタ出しに苦心しておられる様子がtwitterでうかがえます。

なんつっても1冊まるまる4コマ漫画の集合体ですから、
新聞に載ってるコボちゃん等の1日1作4コマとは違い、
1冊全体でストーリーを形成しつつ、ひとつひとつの4コマで起承転結させ続けなければならないという、
世にも恐ろしい創作作業をしてらっしゃるワケです。
僕は4コマ漫画など描いたこともありませんので想像で喋ってますけど!

ヤシロクさんの作風といえば、見た瞬間ヤシロクさんの絵だとわかる特徴的なデフォルメキャラですが、
もう少しパッと見でわからない部分を探ってみますと、
ヤシロクさんは、特定のアイドルにああさせたい、こう喋らせたいから話を作るというのではなく、
765プロのアイドルが存在する世界、空間が好きで、
「ウチのアイドルたちは事務所でこんなやり取りしてるんだぜ!」という紹介をしたい、
そんな思いがですね、作品を作る動機になって、
まさに今回の本の「じむしょばなし」というタイトルに表れて…、
らっしゃるんでは…、
ないかなあと……。


完全に想像、というかこれは自分の作風の話でもあるんですが、そんな感じに思ってまして、
常々ヤシロクさんはコッチ側の人間だと思ってるんです。親近感がわきます。
第1回、第2回で紹介したBJ団さん、くまみねさんは、
自分の作風とはまったくの別もので、アッチ側のすごい人、という印象があります。


IMG_0433.jpg
今回の本で僕が一番好きなコマはこちら。
嫌がりつこ、嫌がりすぎです。


毎度ながらまとまらない文章ですが、今回の同人誌紹介はこのへんで締めさせていただきます。
次回はまだ当ブログで紹介したことのない作者さんの本を紹介してみたいと思っています。

動画は30%くらいできました。
ドラクエ7は50時間くらい進みました。

ではでは。
スポンサーサイト

2012冬コミ同人誌感想 その2

前回に引き続き冬コミ同人誌紹介第2回目です。

「踊場 タングラム3」 くまみねさん

表紙 左は大きさ比較のためのメンソレータム
odoriba01

前回のBJ団さんと同じく当ブログではお馴染みすぎるくまみねさんの新刊です。
過去の紹介記事は、ブログのカテゴリ「同人誌紹介」から飛んでみてくださいませ。

今回も恒例の文庫本サイズですね。
何度も言うようですがこのサイズは本当に持ち運びしやすくて枕元にも置きやすくて、
いつでもどこでも寝る前でも読める素晴らしいサイズだと思います。
何故みなさんこのサイズで作らないのか不思議になってくるほどに素晴らしいです。
余談ですが、冬コミでくまみねさんのスペースに挨拶に行きましたらば、
A5版だった既刊『ラッキー・ガールに花束を』までが文庫本サイズにリニューアルされていました。
本棚にズラッと並べるよりも何気なく机上に重ねて置いておきたいシリーズですよ。

odoriba02

目次から見て取れる圧倒的ボリューム!
それでいてひとつのお話が長ったらしくないので、
ぺらぺらページめくってたら最後まで読んでしまうんですよね不思議だわ!

さて今作もくまみねさんの豊かな人生経験(個人の想像)があふれ出る多彩な物語集となっています。
作者の経験が作品に及ぼす影響ってのはそれはもう大きいもんです。
たとえば我々一般人は、アイドルがテレビに映ってない時なにやってるかなんて知る由もありません。
そんな人間が二次創作でアイドルの日常を描くにはどうすればよいか!

・場面、舞台を絞りアイドルならではの話題を徹底的に省く

↑は人生経験が乏しすぎる僕の話ですが、
くまみねさんは大抵のお話でアイドルとしての日常を描ききってるんですね。
それが「なんでこの人アイドルの普段生活を知ってるんだろう」と真面目に考えてしまうくらい自然なんです。
バックボーンが女子高生の天海春香とアイドルの天海春香とじゃキャラの魅力と説得力が段違いなんですよ!
くまみねさんの過去作もお持ちの方は是非そこを意識して読み返していただきたいですね。

読みにくく伝わりにくい感想文で申し訳ありませんですが(主にくまみねさんへ)、
この辺りで同人誌紹介2回目を終わらせていただきます。
どーでもいいことですが、今回撮影した表紙と目次は両方ともとらのあなの紹介画像にありましたね。
しくじった…。

次回も同人誌紹介です。
動画は20%くらいできました。

ではでは。

2012冬コミ同人誌感想 その1

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

去る12月31日、冬コミに初参加してきましたので、
その時に購入(あるいはもらった)本を何冊か紹介しようと思います。
久しぶりに当ブログのメインコンテンツが帰ってきました。

「こぴます6」 BJ団さん
(委託先のリンクを貼ろうとしましたがこの記事を書いている時点で未だ委託されていないようでした。
 念のためまんだらけのリンク

ついに出ましたこぴます6!
BJ団さんは当ブログの同人誌紹介では皆勤賞なので、
以前から見ていただいている方にはお馴染みのシリーズだと思います。

表紙
copimas6-1
裏表紙
copimas6-2

今回の主役たちが並ぶ表紙です。
伊織の美しさがハンパないですね。

毎回言ってますが、どのお話も読み応えがあります。
765プロのアイドルたちの日常(アイドルとしての非日常)を覗いてみたい欲求がある方にとって、
BJ団さんの物語は最適な答えのひとつではないでしょうか。(英語的言い回し)
特に千早ファンの方はBJ団さんの本はマストリードだと思います。

個人的感想としては、小鳥さんのお話で真と春香が出てきた瞬間にワオって思いました。
すごく印象的なシーンです。
是非とも(特に最近疲れがちな方に)読んでいただきたいですね。
地方勢のためにも早く委託来てくれー!!

それでは今回はこのへんで。
次回も同人誌紹介です。
動画は10%くらい進みました。

ではでは。

上京してきました

前の記事に書いたとおり連休を使って上京してきました。

備忘録代わりの適当日記
1日目(移動日)
・広島から東京へ移動
・inuさんと合流
・豪雨 出歩く気なくす
・でもお腹すいたので出歩く キイチで炒飯
・別のお店で夕飯食ってたら怖い人たちから連絡 「飲んでるから来い」
・inuさんと豪雨の中別会場へ向かう 超緊張した
・ホテルに帰る前に銭湯へ この歳になって人生初銭湯 カッコーン

2日目(アイマスオンリーイベント「MBF」)
・朝 豪雨
・会場行く気が削がれてギリギリ出発
・朝食は人生初朝マック 今回の旅行は人生初体験が多かった
・会場へ到着 サークル入場である ようやく雨に濡れない場所に来れたと安堵
・「飲み物とタオル買ってこい」との命令を受けすぐさま外出
・MBF開幕 拍手 隣のひでぼうさんの新刊欲しいなあとチラチラ見ながら店番
・落ち着いてきた頃に知り合いの方々に挨拶
・inuさんの本はほとんど捌けていた さすがである
・ひょんなことから鶴井さんの所でも店番 留守中に盗みを働く人物に見られなかったようなので安心
・MBF閉幕 拍手 ひでぼうさんの新刊は横から買えました
・打ち上げはお馴染みの地鶏屋さん セキスズメさんとゼノブレイドの話題で盛り上がる
・最後はファミレス 熟睡するinuさんの横でセキスズメさんとスパロボ等の話題で盛り上がる

3日目(自由行動日)
・朝 天気は不安定
・都内某所の神戸屋レストランでぷとんさんと待ち合わせ
・いい制服だった
・その後ぷとんさんの素敵カーで神奈川県某所の沖縄料理屋へ なんとビール10円キャンペーン中
・アルコール飲めないぷとんさんの代わりに僕がキャンペーンを享受する責務を果たす
・その後カラオケへ ただし歌はまったく歌わず個室であーだこーだ言いながら本読み
・帰り際、フロントで請求金額にクレームをつけているお兄ちゃん発見 カラオケ屋で詐欺行為だの言ってる人を生まれて初めて見た

4日目(移動日)
・東京を発ち、広島へ
・帰り際に綺麗に富士山が見えた ラッキー
・全日程終了 お疲れ様でした!


ということでMBFで購入あるいはいただいた本を一部抜粋してご紹介します。

ハッピーバニー』 ヤシロクさん
hb
当ブログの同人誌紹介コーナーではほぼレギュラー化しているヤシロクさんの新刊です。
3月下旬のイベントで出した本に正月ネタを盛り込むというスーパーなチャレンジから一転、
新刊はイベントの日付に忠実、つまり伊織の誕生日のお話です。
ヤシロクさんの世界で伊織の誕生日といったら、やよいが、美希が、律子が黙っちゃいない。
他のアイドルは脇からジワジワと絡んでくる…、要するにいつものヤツです!
今回の名言は「ワニワニパニックは多人数でやるもの」

こぴます5』 BJ団さん
copimas5
当ブログの同人誌紹介コーナーではほぼレギュラー化しているBJ団さんの新刊です。
ついに出ましたねーこぴます5! こぴます4から実に1年と3ヶ月! 我々は待っていたのだ!
今作品は、というか今作品も初っぱなからお話がキレッキレです。春香さんの描写がすんごいです。
表紙からもわかるようについに2グラのアイドルも出てきました。
次巻はいつだー!!

けれどもこれは別の物語』 くまみねさん
kuma
当ブログの同人誌紹介コーナーでは(中略)くまみねさんの新刊です。
上2枚の写真と見比べればわかるように、今回も文庫本サイズです。持ち運びやすい!
くまみねさんの作品はどれも読むたびに新鮮な発見や感動が目白押しなんですが…、
この本はマジで読んでおいた方がいいですよ。
ブログで取り上げる本は僕がド級に好きな本ばかりなんですが、その中でも特にこの作品はすごいと思いました。

iDLE*iDOL』 ぷとんさん
notp
当ブログの同人誌紹介コーナーでは初登場となりますぷとんさんの新刊です。
上の日記でいう3日目夜のカラオケBOX内で御本人様から見せられました!
自分の作品を目の前の人間に見せるってものすごく大変なことだと思います。僕なら羞恥心が絶対に邪魔します。
しかも色々と本の解説までしていただきました。これは自分の作品を理解していないとできない芸当です。
まず「雪歩、涙」というキーワードに反応する方にとって楽しめる作品であることは疑いようもなく、
御本人様も僕もグッときた雪歩の下着姿(ただし描写に一部追求すべき点が残る)に向かって読み進めていけば雪歩派にコロッと宗旨変えしてしまう危険性をはらんだ作品と言えましょう。


という感じで同人誌紹介をさせていただきました。
チラシの裏レベルの日記や自分の動画を貼るよりも遙かに有意義な記事になっているハズなので、
今後も同人誌の紹介を続けていきたいと思います。
既に持ってる本の紹介もいつかやりたいですね。

ではっ!

新年度明けましておめでとうございます

今年度もよろしくお願いいたします。


今まで適当に決めていたキャラのカラーコードを何基準にするか悩み中です。


さて、とら屋さんで久々に同人誌を購入してみました。
今回の本置き台は向こう1年くらい出番が無さそうなPSVitaちゃんです。

1冊目 「あけます!」 作者:ヤシロクさん
DSCF0279.jpg

毎度お馴染みというか当ブログでは皆勤賞のヤシロクさんの新刊です。
ご覧くださいこのタイトルと表紙、まさに新年度一発目にふさわしい本ですね!
※つい先日のイベントで出された本です

もしまだヤシロクさんをご存じないという方がいらっしゃったらこの動画から見はじめてみてはいかがでしょうか!(宣伝)



2冊目「Gass-mountain's R&i Ilustration book」作者:ガス山さん
DSCF0282.jpg

当ブログでは初紹介のガス山さんです。
初めてこの方の絵を拝見したときから「わーやべー!カッチョイー!」とファンになってしまいました。
このたびフルカラーイラスト集を出されると聞いて、とら屋さん通販ページで全力正座待機しましたよ。

中身も想像してた以上にすごかったです。
PC画面で拝見するよりも5割増しで鮮やかに見えますね!
(自分のモニタがショボいだけかもしれませんが)
個人様のイラスト集というものを初めて買ったのですが大満足でした! ブラボー!


以上、最近購入した同人誌の紹介でした。
長いことアイマス関係のイベント行ってないので、5月のMBFには行きたいですね。
ではっ!
プロフィール

弓削

Author:弓削
連絡先:yugehibari$gmail.com ($→@)

最新記事
ついった
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
EC-Cubeでサイト構築!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。